北朝鮮は2016年1月6日、同国内で4回目となる核実験を行ったと公表した。
 その無謀な行為と傲岸不遜な態度に、私たちは慄然とする。
 私たちは愚かな戦争の果てに2度の被爆を体験し、核兵器の非人間性を目の当たりにした。その後も度重なった原発事故により、人間が人間の尺度を超えた核エネルギーをもつことの深刻な危険性を思い知らされてきた。
 私たちはいかなる国や政府であれ、こうした破壊的兵器の開発と実験を行うことに反対してきたし、これからもその姿勢は変わらない。核の時代は一日も早く終わらせなければならない。
 私たちは今回の北朝鮮の核実験に強く抗議するとともに、世界のすべての人々が平和と協調の精神に基づき、地域の安定と非核武装の実現に向けて行動するよう呼びかける。


 2016年1月7日
 一般社団法人日本ペンクラブ
会長 浅田次郎

"声明文"の一覧へ