さる1110日、今年1月に刊行された写真集『20XX TOKYOの撮影が公然わいせつに当たるとして、写真家・篠山紀信氏の自宅や事務所が家宅捜索を受け、関係者への事情聴取はいまだに続いていると伝えられる。篠山氏は以前から同じように屋外で撮影した写真を発表してきたのに、今回突然、昨年夏に行われた撮影が問題とされ、しかもいきなり家宅捜索が行われるという事態となった。

 写真家にとって表現活動の一環である撮影行為に対して、公権力の介入が恣意的に行われるのはあってはならないことだが、今回の場合も、いきなり家宅捜索を行うといった乱暴なやり方を含め、警察の対応には疑問を禁じえない。
 表現の自由は、発表行為の前段である撮影や情報収集行為も含め、意見発表・表現行為とまったく同等に保障されるべきものであることは当然である。今回のような取り締まりが恣意的に行われることは、表現活動への萎縮をもたらし、公権力による事前抑制行為となりかねない。


日本ペンクラブは、今回の事態を深く憂慮し、ここに声明を発表する。



20091215

           

社団法人日本ペンクラブ

会長 阿刀田高

"2008〜2009"の一覧へ