ちらしはこちらから→ちらしweb.pdf
<岸井成格 × 浅田次郎 × 吉岡忍>

 昨年末より、放送の自由をめぐる議論が続いています。テレビに関してはそれ以前からことさら選挙のたびごとに、政治的公平を求める抗議や要請が続いていたという経緯もあります。さらにいえば、ここ10年くらい表現の自由をめぐる状況は大きく変容しつつあり、最近では政治性を理由とした集会等に会場が使えないという事態も報告されています。最近2回の選挙後に起こった「普通の国」になるための法制度改革は、きたるべき7月10日の参院選挙後には、さらなる大きな変化として訪れるかもしれません。
 そうしたなかで、私たち日本ペンクラブと専修大学文学部は、改めて言論の自由を、それを支えるジャーナリズムを問い直してみたいと思います。そして、いまの社会において「メディア」はどのような立ち位置にあって何を発信していくことが求められているか、について議論ができればと思います。そのためにふさわしいお三方をお迎えすることができました。
 ぜひとも下記のシンポジウムへおいでください。

公開シンポジウム「メディアの本分、ジャーナリズムの力」
area_kanda20131105.jpg

日時:2016年7月23日(土)午後2時から4時
    午後1時半開場

場所:専修大学 神田校舎 1号館301教室(500人定員)










    地下鉄神保町駅A2出口からすぐ、JR水道橋駅西口から徒歩7分
    〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8


kishii.gifasada.gifyoshioka.gifyamada.gif

登壇者(敬称略):
 岸井成格(毎日新聞特別編集委員、TBS特別コメンテーター)
 浅田次郎(作家、日本ペンクラブ会長)
 吉岡 忍(ノンフィクション作家、日本ペンクラブ専務理事)
 山田健太=進行役(専修大学教授、日本ペンクラブ常務理事)
 ※フロアから、放送局の現役プロデューサー・ディレクター等が発言予定です。

参加費:無料(先着順・申し込み不要)

主催:専修大学文学部+日本ペンクラブ
   ※このイベントは専修大学文学部50周年記念事業として実施されます。
【問い合わせ先】
日本ペンクラブ 03-5614-5391   e-mail:  info@japanpen.or.jp
専修大学文学部 044-911-1254 email: bun50aniv@isc.senshu-u.ac.jp 


"日本ペンクラブからのご案内"の一覧へ