「80後(パーリンホウ)(80年代生まれ)」の中国の若手知識人の代表的存在であり、雑誌編集や評論、エッセイ、小説の執筆活動、テレビ出演など幅広く活躍中の蒋方舟氏と、日本のベテランノンフィクション小説家で日本ペンクラブ副会長の西木正明氏の対談講演会を開催いたします。
 対談を通じて、真実を描く上での日中両国の作家の思いや、中国の若い知識人の考えを伝えます。

蒋方舟氏).gif
日時 2016年3月8日(火)18:15~20:10(18:00開場)
   (終了後に簡単な懇親会も開催いたします。)
会場 対談講演会:JFICホールさくら
   東京都新宿区四谷4-4-1 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅より徒歩3分 
主催 日本ペンクラブ、国際交流基金
使用言語 対談講演会:日本語・中国語(同時通訳)
事前申込 要(入場無料)


西木.gif
スピーカー 
 蒋方舟(JIANG, Fangzhou):作家、「新週刊」北京事務所 副編集長 
 西木正明:作家、日本ペンクラブ副会長
モデレーター 
 茅野裕城子:作家、日本ペンクラブ理事・女性作家委員長

挨拶(予定)
 浅田次郎:作家、日本ペンクラブ会長
 佐藤アヤ子:明治学院大学教授、日本ペンクラブ理事・国際委員長


*******************

お申込 (国際交流基金で受け付けております)
 3月4日(金)までに、お名前、ご所属、ご連絡先(E-mailアドレス及びお電話番号)、講演会終了後の懇親会への出欠を明記のうえ、Eメール又はFAXで以下国際交流基金までお申し込みください(先着順。座席に余裕がある限りは、当日のお申し込みも受け付けます)。
    FAX:03-5369-6041
    E-mail:event_asia_oceania@jpf.go.jp
 
お問い合わせ :国際交流基金 日本研究・知的交流部 アジア・大洋州チーム 担当:野口・竹口
                            電話:03-5369-6070

[略歴]

スピーカー

蒋方舟(JIANG Fangzhou・しょう ほうしゅう)
蒋方舟氏).gif
作家、「新週刊」北京事務所 副編集長
1989年湖北省生まれ。中国の80年代生まれを代表する作家。小学校時代から執筆活動を開始し、12歳のときに執筆した小説『正在発育』は社会の大きな注目を集めた。2005年に中国少年作家学会の首席を務め、2009年に中国の文学界で重要視される人民文学賞を受賞。1999年以来、計12作の著作を出版しており、同氏の著作は、2014年にフランツ・カフカ賞を受賞した閻連科氏からも高い評価を得ている。
また、2015年に出版した小説集『故事的結局早已写在開頭』の中で、軽井沢の温泉について取り上げる等、日本への関心が高い。
2008年に清華大学に入学、ジャーナリズムを専攻する(2012年本科卒業)。現在、作家活動の他、雑誌社「新週刊」北京事務所副編集長を務め、複数のテレビ番組への出演をこなし、特に、トーク番組「我的中国夢」では司会者として活躍しており、中国国民への強い発信力を持つ。

[主な著書]
『打開天窓』長江文芸出版社(1999年)
『正在発育』陕西師範大学出版社(2001年)
『正在発育』(繁体字版)台湾高富国際文化公司(2001年)
『青春前期』人民文学出版社(2002年)
『都往我這児看』春風文芸出版社(2002年)
『邪童正史』天津人民出版社(2004年)
『騎彩虹者』長江文芸出版社(2006年)
『第一女生』長江文芸出版社(2007年)
『謡言的特点』長江文芸出版社(2009年)
『我承認我不曾歴経滄桑』広西師範大学出版社理想国出版(2013年)
『故事的結局早已写在開頭』九州出版社(2015年)
『兩代人的十二月』INK印刻文學(2015年)

西木正明(にしき・まさあき)
西木.gif
日本ペンクラブ副会長。獄中作家・人権委員長。作家。秋田生まれ。
1940年生まれ。早稲田大学中退後、平凡出版で14年余り編集者生活を送り、1980年に独立して作家活動に入る。1980年、デビュー作「オホーツク諜報船」で日本ノンフィクション賞新人賞、1988年「凍れる瞳」で直木賞、1995年「夢幻の山旅」で新田次郎文学賞、2000年には『夢顔さんによろしく』で柴田錬三郎賞をなど,
数多くの文学賞を受賞。テレビドラマ、ミュージカル、舞台化された作品も多数。「ルーズベルトの刺客」は中国中央電台で2010年大河ドラマとして放映。 植村直己冒険大賞、大宅壮一ノンフィクション賞、さきがけ文学賞などの文学賞選考委員。近著に「ウェルカム トゥ パールハーバー」、「水色の娼婦」、「さすらいの舞姫 北の闇に消えた伝説のバレリーナ・崔承喜」など

モデレーター

茅野裕城子(ちの・ゆきこ)
chino.gif
日本ペンクラブ理事。女性作家委員長。作家。東京生まれ、青山学院大フランス文学科卒業、女優として、三島由紀夫「葵の上」(国立小劇場)。その後、トラベルライターとして「翼の王国」等に寄稿、世界をめぐる。90年代は北京に暮らし、中国作家と交流。95年、日中問題を扱った「韓素音の月」で19回すばる文学賞受賞。「西安の柘榴」「ミッドナイト・クライシス」など小説集のほか、「バービーからはじまった」等、バービー人形日本製作の歴史を扱ったエスノロジーも。日中、台湾、韓国との、作家交流にも多数参加。

"日本ペンクラブからのご案内"の一覧へ