日本ペンクラブからのご案内

シンポジウム「女性と原発」3月24日開催 会場 東京青山「こどもの城」

日本ペンクラブ女性作家委員会・東京外国語大学亀山科研共催


シンポジウム「女性と原発」

~女性作家は、福島の原発事故をどう捉えたか?
 未曾有の事態をふまえ、脱原発世界への展望を探る~

日時 2012年3月24日(土) 13:30開場 14:00開演 16:00 閉会予定
会場 「こどもの城」(渋谷区神宮前5-53-1 tel: 03-3797-5666)

注意:会場が「東京ウィメンズプラザ」から「こどもの城」に変更となりました。


参加費 500円

      (事前申込不要。先着140名 12:30から会場入口で入場整理券配布)

チラシはこちらからダウンロードしてください →  女性と原発324.pdf

総合司会:宇澤美子(慶應大学文学部教授・英米文学者)
開会挨拶:下重暁子(日本ペンクラブ副会長・作家)
出演:中島京子(作家)、沼野恭子(東京外国語大学教授・ロシア文学者)、萩尾望都(漫画家)、小林エリカ(作家・漫画家)

特別出演:セルゲイ・ミールヌイ(作家・ジャーナリスト)
コーディネーター:
 小谷真理 (女性作家委員会委員長・評論家)

冒頭、小林エリカ氏が1998年に制作したアニメ作品「爆弾娘の憂鬱」を一部映写します。

お誘いあわせてのご来場をお待ち申し上げております。

 

こどもの城.gif