一般社団法人日本ペンクラブ(会長 浅田次郎)と秋田県(知事 佐竹敬久)は、10月 29日(土)13:00~16:30、秋田県児童会館けやきシアターにおいて、文学イベント 《ふるさとと文学2016~石川達三の秋田》を開催します。
 
ちらしはこちらから→ちらし.pdf

 《ふるさとと文学2016~石川達三の秋田》実施要項 
共催:日本ペンクラブ・秋田県(ふるさとと文学2016 in 秋田実行委員会) 
日時:2016年10月29日(土)13:00~16:30(12:30開場)
会場:秋田県児童会館けやきシアター(秋田市山王中島町1-2) 
入場料:無料(700名・事前申込)
 内容:
 (1)「県民読書の日」記念「第3回 ふるさと秋田文学賞」表彰式 挨拶・表彰 佐竹敬久(秋田県知事) 小田美恵子(読書と図書活動をすすめる議員の会会長)
 (2)《ふるさとと文学2016~石川達三の秋田》 挨 拶 下重暁子(作家・日本ペンクラブ副会長)
 第1部 映像「激流に浮かぶ小舟~石川達三の人・作品・世界」 構成脚本:吉岡忍(作家) 映像制作:四位雅文(映像作家) 人物図案:石坂啓(漫画家) 語り:片岡一郎(活動写真弁士) 作曲演奏:森ミドリ(音楽家) 
第2部 石川達三作品『あんどれの母』(抄) 朗読:壇蜜(俳優) 
第3部 座談「石川達三の秋田~読書が人をつくる」 佐竹敬久(秋田県知事)、浅田次郎(作家・日本ペンクラブ会長)、 西木正明(作家・日本ペンクラブ副会長)、壇蜜(俳優) コーディネーター:吉岡忍(作家) 
第4部 パフォーマンス「踊る。秋田2016」 川村泉舞踊団による「Raise」上演
 挨 拶 浅田次郎(日本ペンクラブ会長)  

参加申し込み方法 往復はがきに「石川達三の秋田参加希望」と記し、氏名・年齢・郵便番号・住所・電話 番号、同伴を希望される方は同伴者名・年齢(1名まで)を明記し、返信はがきに宛先 を記入して、 〒010-0952 秋田市山王新町14-31 秋田県総合政策課県民読書推進班 までお送りください(問合せ電話番号 018-862-5200)。
 9月30日必着。抽選で合計700名様に整理券を返信いたします。

 協賛:秋田県市町村振興協会、全日空、大日本印刷 協力:秋田市立中央図書館明徳館石川達三記念室、あきた文学資料館、岡山県高梁市歴史 美術館、神戸市・海外移住と文化の交流センター 
後援:秋田魁新報社、朝日新聞社、毎日新聞秋田支局、読売新聞秋田支局、日本経済新聞 社秋田支局、産経新聞社秋田支局、河北新報社、北羽新報社、時事通信社、共同通信社、 NHK秋田放送局、ABS秋田放送、AKT秋田テレビ、AAB秋田朝日放送、エフエム秋田、 CNA秋田ケーブルテレビ 秋田県教育委員会、横手市、横手市教育委員会、仙北市、仙 北市教育委員会、鹿角市、鹿角市教育委員会


 日本ペンクラブは、1935(昭和10)年に創立され、昨年、創立80周年を迎えました。 これを機に、作家や作品と、それらにゆかりのある地域・市町村との結びつきに着目した シリーズの文学イベント《ふるさとと文学》をスタートさせました。これは、とくに若い 世代への知的刺激となって、地域社会の魅力を再発見し、活性化する力になることを期待 して開催するものです。その第1回は昨年4月、わが国自然主義文学の大家、島崎藤村 (日本ペンクラブ初代会長)にスポットを当て、長野県小諸市において大好評のうちに開 催しました。  秋田県はわが国行政の中で唯一「県民読書の日」を制定し、県民挙げての読書活動を推 進中です。この「県民読書の日」にちなみ、第2回《ふるさとと文学》を、秋田が生んだ 社会派作家であり、第1回芥川賞受賞者の石川達三(日本ペンクラブ第7代会長)に焦点 を当て、秋田県との共催で開催する運びとなりました。石川達三およびその作品に描かれ た秋田の人や風土、歴史をたどり、「秋田ならではの知の豊かさ」を再認識し、読書を秋 田の地方創生の人づくりにつなげることができればとの試みです。  会の冒頭、佐竹敬久秋田県知事、小田美恵子読書と図書活動をすすめる議員の会会長出 席のもとに「県民読書の日」記念「第3回 ふるさと秋田文学賞」の表彰式が行われ、引 き続き《ふるさとと文学2016~石川達三の秋田》の開幕となります。  全体は4部で構成されますが、概要は以下の通りです。なお、開閉会のご挨拶、途中休 憩を含め、以下の4部は約3時間で構成します。 第1部 映像「激流に浮かぶ小舟~石川達三の人・作品・世界」......約45分 石川達三は戦前・戦中・戦後と半世紀に及んで膨大な作品を残しました。この足跡を訪 ねてあらたに書き下ろした脚本(作家・吉岡忍)と、秋田~岡山~神戸と取材した映像 (映像作家・四位雅文。人物図案は漫画家の石坂啓)をもとに、国内のみならず広く海外 でも活躍中の活動写真弁士・片岡一郎の語りと、音楽家・森ミドリの作曲とチェレスタ演 奏によるコラボレーションでライブ上演します。 第2部 石川達三作品朗読「あんどれの母」(抄)......約20分 石川の『蒼氓』はブラジル移民の物語ですが、彼はこれを書いた2年後、とある街に暮 らす移民の中年女性を主人公に短編小説を書いています。埋もれていたこの作品を秋田県 出身の人気俳優・壇蜜が朗読します。 第3部 座談「石川達三の秋田~読書が人をつくる」......約75分 名だたる社会派作家が秋田から生まれたのはどうしてなのか。いま、彼から何を学べば よいのか。読書が人をつくるとはどういうことか......。石川達三、秋田、読書等々をめぐ って浅田次郎(作家・日本ペンクラブ会長)、佐竹敬久(秋田県知事)、西木正明(作家・ 日本ペンクラブ副会長)、そして、第2部で朗読した壇蜜(俳優)が縦横に語ります。コ ーディネーターは吉岡忍(作家、日本ペンクラブ専務理事)。 第4部 パフォーマンス「踊る。秋田2016」......約20分 地元の川村泉舞踊団による「Raise」を上演します。

"日本ペンクラブからのご案内"の一覧へ