日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」、7月22日に開催しました。

戦争と文学・沖縄.jpg

(左より)梓澤和幸、浅田次郎、大城貞俊、川村湊の各氏

 2017年7月22日(土)、午後2時より、東京・神保町の東京堂ホールにて、日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」が開催されました。当日は暑い昼下がりとなりましたが、会場定員80名はすでに事前申込をされていた方で満席となり、4時半まで、熱心に講師の話しに聞き入りました。
 日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学」も4回目を迎え、今回は作家・大城貞俊さん(「沖縄文学への招待」琉大ブックレット)を沖縄からお迎えし、「帰郷」(大佛次郎賞)ほか、反戦文学作品とベストセラーで知られる浅田次郎さん、沖縄文学選(講談社)をまとめた川村湊さんが「沖縄と文学」を語り合いました。
 講師・プログラムの紹介は西村秀樹平和委員会副委員長が行い、引き続き「いま沖縄と文学を考える」と題して基調講演を前日本ペンクラブ会長浅田次郎氏が行いました。
 浅田氏は「文学は、世の中が豊かになれば衰弱する」が「沖縄は例外である」とし「解決されない苦悩を背負った小説が輩出されている」と指摘しました。
 続いて大城氏が沖縄の文学者は「倫理的にならざるを得ない」とし、過去の悲惨な沖縄戦の体験を継承するために文学者が模索し結果であるとしました。
 大城氏は沖縄文学の特徴として、沖縄戦の継承、基地問題、倫理的、沖縄アイデンティティの模索、表現言語としてのしまくとぅばーの5点をあげました。
 文芸評論家の川村湊氏は、自己の文学研究を振り返り、北海道のアイヌ、朝鮮植民地下の日本語で書かれた文学の存在、そして沖縄の文学、それぞれに文学の距離が異なり、沖縄では沖縄戦という住民を巻き込んだ地上戦により、文学は本土と大きく異なったものであり、また死者や霊が頻繁に登場すると述べました。
 第二部は梓澤和幸平和委員長がコーディネーターとなり、会場の参加者の質問も踏まえて、浅田氏、大城氏、川村氏が発言をしました。
 最期に高橋千劔破日本ペンクラブ副会長が、「平和について」様々な取組を日本ペンクラブが行ってきたことを紹介しました。
 梓澤日本ペンクラブ平和委員長から来年5月20日に沖縄で大規模な文学シンポジウムを計画していることが紹介されると会場からは大きな期待の拍手が寄せられました。
 なおシンポジウムの詳細報告は後日、ホームページでも紹介していきます。(事務局)

4月7日 日本ペンクラブイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」 発言をYou Tubeで配信中

 4月7日に開催された日本ペンクラブ主催イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」(文京シビックセンター小ホール)での発言から。

名前をクリックするとYou Tubeのファイルに移動します。

発言者(敬称略)

浅田次郎(日本ペンクラブ会長・作家)

雨宮処凛(作家)

内田麟太郎(絵本作家・日本児童文学者協会理事長)

江成常夫(写真家)

金平茂紀(テレビキャスター)

香山リカ(精神科医、作家)

ちばてつや(漫画家)

長谷部恭男(憲法学者・立憲デモクラシーの会)

森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)

ビッグ錠(漫画家)

森達也(作家・映画監督)

田近正樹(日本雑誌協会人権・言論特別委員会、日本書籍出版協会出版の自由と責任に関する委員会)

山口勝廣(写真家・日本写真家協会専務理事)、

中島京子(作家)

山田健太(日本ペンクラブ言論表現委員長、専修大学教授)

【活動報告】イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」4月7日に開催。各界代表が訴え。

4月7日.jpg

(発言者の動画をYou Tubeで配信中)→こちらから

 4月7日(金)、前日6日に国会で共謀罪(「組織的犯罪処罰法改正案」)の審議が始まるという、緊迫した雰囲気の中で、午後6時半から文京シビックセンター小ホールにて、日本ペンクラブ主催のイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」が開催された。当日は、300名が会場に集い、多くのマスコミが取材するなか、様々な表現活動に携わる人々から、共謀罪の廃案を目指し、活発な発言が行われた。
 冒頭、主催団体の日本ペンクラブを代表して、浅田次郎会長から開会宣言があった。
浅田次郎(日本ペンクラブ会長・作家)― 日本ペンクラブは国際ペンの支部です。国際ペンは、第一次世界大戦後、平和のために表現の自由を守ることが平和につながると世界中にできた組織です。日本でも1935年に創設され、初代会長は島崎藤村です。共謀罪は日本ペンクラブにとり看過できません。私たちは死ぬが、作った法律は残る。残った法律が子や孫の代にどう使われるかはわからない。将来の世代に残る法律を、今だけの判断で決めてよいのでしょうか。 

 引き続き、登壇者が次々に共謀罪への反対・懸念を述べた。(以下敬称略)
雨宮処凛(作家)― 3.11以降の運動全体を弾圧するのに、共謀罪が利用されるのではないでしょうか。逮捕されると、今度は長期拘束される。デモで、何もしていないのに逮捕されているのを何度も見ている。共謀罪がなくてもそんな状態です。北朝鮮に何回か行ったら家宅捜索を受けました。私はそうなりませんが、無意識に委縮してもおかしくない状況ではないでしょうか。
内田麟太郎(絵本作家・日本児童文学者協会理事長)― 私本人は革命的でもないし保守的で委縮しています。権力にも反抗的じゃない。今日は出席を断ったが、友が虎屋の羊羹をくれるというから来ました。そのような私も懸念を持っています。(ナンセンス・ユーモア作家の言葉に場内笑い)
江成常夫(写真家)― 共謀罪は治安維持法と重なると懸念する声があります。日本が戦争に突き進んだ裏には治安維持法がありますし、戦争の過ちと、その過ちを伝えてこなかった過ち、ドイツとの違いはどこにあったのかをもう一度考えるべきではないでしょうか。
金平茂紀(テレビキャスター)―共謀罪は本当に怖い法律。これまで取材して来た中でも特に怖いと感じている。今日の集会の登壇者の中の誰か1人が将来テロに関与するようなことがあると、ここにいるみなさんも共謀罪に問われるということです。横浜事件が起こったという事実を忘れてはいけないと思います。拡大解釈が起きてしまうのです。
香山リカ(精神科医・作家)― 精神科医の立場から。患者さんの訴えで辛いものの一つに、自分の考えを覗かれている、というものがあります。この法案が成立して内心の自由がおかされるのは、病気ではなく、現実世界でこれが起こること。自分の考えが誰かに漏れ伝わってしまうという妄想に囚われている患者さんがいて、それは本当に辛いことです。共謀罪が成立すると法律によって多くの人がそういう精神状態に追いやられることになります。また沖縄基地反対運動の身近な人が長期間にわたって拘束されるのを見ると、このようなことを話す今、現在は恐ろしいことだと思います。
ちばてつや(漫画家)― 東京都青少年条例が出てから、漫画を描く学生が委縮し、「こんな漫画は描いてよいのか」と質問されるようになり、驚いている。北斎は漫画と春画を描いて、ヨーロッパ絵画にも影響を与えました。そういうおおらかさがなくなりはじめているように感じます。社会におおらかさがなくなっていることを憂いています。大きな渦があって、我々日本人はいまその縁にいる。下手すると渦に飲み込まれてしまいます。
長谷部恭男(憲法学者、立憲デモクラシーの会)― 何としてもこれは止めないといけないと思っています。戦争法と同じで、今まで積み上げてきた法の体系を無視して、横からすっと出されている。また、国際的な組織犯罪の対象組織は、テロはおかさないのではないでしょうか。そもそもテロ防止の法律はすでにあり、理屈に合いません。
森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)― 庇護と監視との関係を考えています。庇護と監視はセットで差し出されるんです。震災が起こって考えたのは大災害が起こった時、国は何もできない、ということです。一人一人が国に守ってもらおうと思うのではなく、一人一人が自分で自分を守るという考え方が大切なのではないでしょうか。
ビッグ錠(漫画家)― こういうことはいったん決まってしまうと手遅れです。決まった後に反対したりしたら、捕まってしまう。危機感をすごく感じています。安心して漫画を描ける時代であってほしい。
森達也(作家・映画監督)― 一人は弱い。誘惑に負ける。でも反省もできる。しかし、共謀罪はそれも許さない。 一人一人を見ず、全体を見てレッテルを貼り、抹殺する法律です。
田近正樹(日本雑誌協会人権・言論特別委員会、日本書籍出版協会出版の自由と責任に関する委員会)― 社会を根底から変えてしまうのではないかと思っています。だから共謀罪に大反対です。普段やっている取材が共謀罪によって大幅に制限される。277に絞ったのではなく、277の新しい罪ができたのではないでしょうか。
山口勝廣(写真家・日本写真家協会専務理事)― 個人情報などがあって、写真が撮りづらくなった。時代の記録はどうなってしまうのか。写真は現場にいないといけないのに、法案が成立すると現場が萎縮してしまうのではないか。共謀罪ができてカメラマンが萎縮するようなことがあってはいけません。社会の窓である表現を閉ざしてはなりません。
中島京子(作家)― テロ対策と著作権侵害はどういう関係があるのだろう? これは誰かを取り締まりたいために対象にされたのでは、大変だ!と思いました。
 あきらめたりせず、理不尽なことに流されていくことに反対しなくてはいけません。テロの対策と言われているのに、関係ないものまで処罰しようとしています。誰かを処罰したいがための法律だと思います。

 途中、共謀罪反対の意志表示のため、登壇者一同舞台に上がり、報道各社の撮影に応える一幕もあった。
 会は、最後に、山田言論表現委員長より、都合により来場できなかった作家などの表現者、団体の名前が読み上げられ、共謀罪廃案を目指し、幅広い層に呼びかけて活動することが確認されて、午後8時40分に終了した。

(まとめ:日本ペンクラブ事務局 速報版 詳細版は後日掲載予定)

【シリーズ・子どものしあわせと平和を考える】 第1回「井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法」を読む         (4月16日開催・事前申込要)

主催:フォーラム・子どもたちの未来のために/ちひろ美術館

 

朗 読:斉藤とも子氏(女優)

お 話:樋口陽一氏(東京大学名誉教授)

日 時:2016 4 16 日(土)1500 1700

場 所:ちひろ美術館・東京 2 階 図書室

    東京都練馬区下石神井4-7-2 西武新宿線上井草駅下車徒歩7

参加費:1000 円(入館料込み 高校生以下半額)

定 員:60 名(要予約)

※参加ご希望の方は、ちひろ美術館・東京にお申し込みください。

詳細は、ちひろ美術館ホームーページでご案内します。


http://www.chihiro.jp/tokyo/event/2016/0315_1518.html

 


詳細を見る

日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム 「戦争と文学」(4月30日 神田神保町で開催) 定員に達し申込みを締切りました。

定員に達しましたので申込を締切りました。ありがとうございました。

ちらしはこちらから→ちらし戦争と文学430.pdf

戦雲たれこめるとき。
文学は人間をどのように
描いたか。
描くか。
作家たちの語りに
息づかいが聞こえるような
書店のホールで耳傾ける。
神保町すずらん通りでお会いしましょう。

日 時:2016年4月30日(土)午後2時~午後4時30分
開場:午後1時。
開場後、出演者のサイン本販売会を行いますので、お早めにお越しください。
会 場:東京堂書店 東京堂ホール
千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階 地下鉄神保町駅下車・A7出口から徒歩3分

<プログラム>
基調講演 
浅田次郎 
お話 冲方丁 志茂田景樹 松本侑子
開会挨拶  高橋千劔破 
コーディネーター梓澤和幸
参加費:1,000円 (当日受付払い)
定 員:100名 ※要申し込み・メールまたは往復葉書の申込到着順
下記お申し込み方法をご覧ください。

<お申し込み方法>
事前申込制です。往復はがき、または電子メールのいずれかでお申し込みください。
定員になり次第締め切りますのでご了承ください。
◎往復葉書の場合...「戦争と文学」参加希望、氏名、住所、電話番号、参加希望人数(お一人4名
まで)を明記の上、下記住所までお送りください(4月15日までに必着)。
※返信の宛名面に、申込希望者の①「郵便番号」②「住所」③「お名前」をご記入ください。
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3 日本ペンクラブ 髙田宛
◎電子メールの場合...タイトル(件名)に、「戦争と文学」参加希望 とお書きください。
本文に、氏名・住所・電話番号・参加希望人数(お一人4名まで)を明記の上、以下のメールアドレス宛にお送りください(4月15日までに必着)。 
secretariat01@japanpen.or.jp
確認後、事務局より申込受付メールを返信いたします。
※当日は、返信葉書または申込受付メールをプリントアウトしてご持参ください。
主催 一般社団法人日本ペンクラブ 協賛 株式会社東京堂
お問合わせ先:日本ペンクラブ事務局 髙田宛(tel:03-5614-5391)

詳細を見る

講演会「私が子ども時代に出会った本―中島京子」(定員に達しましたので受け付けを終了しました。)

 
(定員に達しましたので受け付けを終了しました。)

 一般社団法人日本ペンクラブは、国立国会図書館国際子ども図書館との共催で、4月23日の「子ども読書の日」にちなんで、講演会シリーズ「私が子ども時代に出会った本」を開催しています。
 シリーズ第4回となる今回は、作家の中島京子氏をお招きし、子ども時代の読書や出会った本に関する体験談を伺います。
 子どもの頃に読んで感動した本は、いつまでも心に残るものです。自身の読書体験を振り返ったり、子どもの読書活動についての関心と理解を深める機会として、ぜひご参加ください。入場は無料です。

▽日時:4月23日(土)14時~16時(13時30分受付開始)
▽会場:国際子ども図書館 アーチ棟1階研修室1
▽講師:中島京子氏(作家)
▽対象:中学生以上
▽定員:100名
▽参加費:無料
▽申込方法:次のいずれかの方法で、1通につき参加者希望者1名をご記入の上、
お申し込みください。定員に達した時点で受付を終了いたします。

[申込フォーム]
国際子ども図書館ホームページの講演会紹介ページにある参加申込みフォーム
からお申し込みください。(申込みには電子メールアドレスが必要です。)
[往復はがき]
「往信用裏面」に①氏名(ふりがな)、②年齢、③郵便番号、④住所、⑤電話
番号、「返信用表面」に返信先の①郵便番号、②住所、③氏名をご記入の上、
下記の申込み先までお送りください。
※いずれも、2週間以内にメールまたは返信はがきでの連絡がない場合は、
下記お問い合わせ先にご連絡ください。

○講演会「私が子ども時代に出会った本―中島京子」

○申込み・お問い合わせ先
国立国会図書館?国際子ども図書館 「4月23日講演会」担当
電話 03(3827)2053(代表)

「日中文学者対談 書くということ 事実と真実の間で」(3月8日開催・事前申込要)

 「80後(パーリンホウ)(80年代生まれ)」の中国の若手知識人の代表的存在であり、雑誌編集や評論、エッセイ、小説の執筆活動、テレビ出演など幅広く活躍中の蒋方舟氏と、日本のベテランノンフィクション小説家で日本ペンクラブ副会長の西木正明氏の対談講演会を開催いたします。
 対談を通じて、真実を描く上での日中両国の作家の思いや、中国の若い知識人の考えを伝えます。

蒋方舟氏).gif
日時 2016年3月8日(火)18:15~20:10(18:00開場)
   (終了後に簡単な懇親会も開催いたします。)
会場 対談講演会:JFICホールさくら
   東京都新宿区四谷4-4-1 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅より徒歩3分 
主催 日本ペンクラブ、国際交流基金
使用言語 対談講演会:日本語・中国語(同時通訳)
事前申込 要(入場無料)


西木.gif
スピーカー 
 蒋方舟(JIANG, Fangzhou):作家、「新週刊」北京事務所 副編集長 
 西木正明:作家、日本ペンクラブ副会長
モデレーター 
 茅野裕城子:作家、日本ペンクラブ理事・女性作家委員長

挨拶(予定)
 浅田次郎:作家、日本ペンクラブ会長
 佐藤アヤ子:明治学院大学教授、日本ペンクラブ理事・国際委員長


*******************

お申込 (国際交流基金で受け付けております)
 3月4日(金)までに、お名前、ご所属、ご連絡先(E-mailアドレス及びお電話番号)、講演会終了後の懇親会への出欠を明記のうえ、Eメール又はFAXで以下国際交流基金までお申し込みください(先着順。座席に余裕がある限りは、当日のお申し込みも受け付けます)。
    FAX:03-5369-6041
    E-mail:event_asia_oceania@jpf.go.jp
 
お問い合わせ :国際交流基金 日本研究・知的交流部 アジア・大洋州チーム 担当:野口・竹口
                            電話:03-5369-6070

詳細を見る

フォーラム「子どもたちの未来、子どもの本の未来」(3月13日・広島で開催 申込締切りました)

(お申込みは締切りました)

ちらしはこちらから→フォーラムWebちらし(広島).pdf

 昨年、日本は戦後70年という大きな節目を迎えました。子どもたちを取り巻くさまざまな環境も大きく変わろうとしています。このような時代に、戦争、原発、命といった問題について、作家はどう考え、何を伝えようとしてきたのかを、広島の地で語り、子どもたちの未来、子どもの本の未来について討議します。そしてまた、様々な情報が飛び交う中で、子どもにどんな本を与えるべきかと悩んでいるお母さんの声や、何を読んだらいいかわからないという子どもたち(若い人たち)の声にも応えながら、参加者とも意見を交換したいと考えています。多くの皆様にご参加いただけますことを願っております。

主催: 一般社団法人日本ペンクラブ
後援: NHK広島放送局、出版文化産業振興財団、中国新聞社、中国放送、
     テレビ新広島、日本国際児童図書評議会、広島市教育委員会、
     広島テレビ、広島ホームテレビ

日時: 2016年3月13日(日)午後2時 ~ 午後4時
会場: 広島国際会議場 会議室ダリア
     (広島市中区中島町1番5号 平和記念公園内 ℡082-242-7777)
対象: 一般(中学生以上)
参加費:500円
定員: 200名 ※要申し込み
〈プログラム〉
   第一部 基調講演「広島で考える戦争と文学、そして子どもたちへ伝えたいこと」
    講師=浅田次郎
   第二部 パネルディスカッション「作家たちが語る、過去のこと、これからのこと」
    パネリスト=浅田次郎、朽木祥、那須正幹、森絵都
    司会=野上暁

事前申込制ですが申込は締切りました。

対談 「オーストラリア作家と語る」(西木正明日本ペンクラブ副会長とオーストラリア作家・ケイト・グレンヴィル氏)3月5日(土)開催(要申込)

 ケイト・グレンヴィル氏は著書『闇の河』(The Secret River, 2005。一谷智子訳にて現代企画室より2015年12月刊行)の邦訳刊行を記念して訪日されます。
 日本ペンクラブ副会長・直木賞作家、西木正明氏とケレン・グレンヴィル氏が、グレンヴィル氏の祖先をモデルに、19世紀初頭植民地時代初期のオーストラリアにおける先住民と入植者の邂逅、衝突を描いた『闇の河』を巡って対談します。

書影.jpg
日時:3月5日(土)13:00~15:00
場所:日本ペンクラブ3F会議室
(103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3)
(逐次通訳付)

[プログラム]
挨拶 佐藤アヤ子 日本ペンクラブ国際委員長、明治学院大学教授
対談 オーストラリア作家と語る(「闇の河」をめぐって)
西木正明    日本ペンクラブ副会長・作家
ケイト・グレンヴィル 作家
入場無料
★事前申込が必要です。メールに氏名と同行者氏名を書き、「3月5日 日豪作家対談参加希望」と書いてinfo@japanpen.or.jp までメールにてお申込み下さい。
協力:駐日オーストラリア大使館、豪日交流基金
協賛:現代企画室


詳細を見る

第32回「平和の日」延岡の集い(3月5日開催)―申込が定員に達しましたので締切ました―

―申込が定員に達しましたので締切ました―
パンフレットはこちらから→平和の日パンフレット.pdf
主 催/日本ペンクラブ・「平和の日」延岡の集い実行委員会
日 時/ 2016年3月5日(土) 12 時開場、13 時開演、16 時40 分終演予定
会 場/延岡総合文化センター大ホール(延岡市東浜砂町611 - 2)
入 場/無料・事前申込制(定員1,300 名・先着順・定員になり次第締め切ります)
◎申込方法:はがき・FAX・E-mailで下記内容を記載してお申込みください。
①「平和の日」観覧希望 ②住所 ③氏名 ④ 同行者人数(本人含む4名まで)⑤ 電話番
◎申込み先:「平和の日」延岡の集い実行委員会事務局宛
はがき 〒882-0811 宮崎県延岡市天神小路255-1 内藤記念館内
FAX 0982- 34- 6438 
E-mail bunka@city.nobeoka.miyazaki.jp 
※記載内容が不足している場合は無効といたします。※申込者に入場整理券もしくは落選通知をはがきでお送りします。
◎申込期限:2016年2月19日(金)(消印有効)
◎問合せ先:延岡市教育委員会文化課 Tel 0982-22-7047 
<プログラム>
【オープニング】
挨拶  日本ペンクラブ会長 浅田次郎/延岡市長 首藤正治
司会 森ミドリ・高橋千劔破
【リレートーク】
テーマ:平和の日に想う 子ども・いのち・神話・自由
出演/澤地 久枝 VS 加賀乙彦 新井満 VS 吉岡忍 
   花田景子 VS 中西進 浅田次郎 VS 山本晋也
※手話通訳の準備をしています。
―申込が定員に達しましたので締切ました―

ページトップへ