国際ペンは、46日、イスタンブールの裁判所がフェースブック、ツイッター、ユーチューブの閲覧ができないようにするよう判決を下したことを憂慮している。これはニュースサイトがテロ事件の人質にテロリストが銃をつきつけている写真(後に警察が突入し人質はテロリストにより殺害された)を掲載したことに対してのものであり、ソーシャルメディア側は写真を削除した。国際ペンはインターネットの検閲に抗議するとともにソーシャルメディア全体への禁止措置は行き過ぎであると非難した。(2015/4/7)


   詳しくは国際ペンホームページ(英語版)をご覧ください。


"国際ペン"の一覧へ