日本ペンクラブ「子どもの本」委員会 シンポジウム

 

いのちのかたち、生き方のかたち

 

3・11後の子どもたちの未来

 

The Shapes of our Lives After 3.11

 

あれから3年。

「がんばれ東北」「絆」―― 鳴り渡っていた声はいつしか遠のき、

以前の日常を取り戻したよう見える東京。

その一方で被災地の試練は続いている。

 

日本ペンクラブ「子どもの本委員会」は、いま一度3.11に立ち返り、

あの震災が世界へ投げかけた問題、

そしてわたしたちに及ぼした影響を見つめ直す試みを始めたい。

 

「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表の山田真さんを迎え、

福島の子どもたちの状況を語ってもらう。いま、この国の放射能の実態はどうなっているのか。

まずはその現実と向き合うところから始めたい。

 

そして、この3年間、子どもの本の作り手として、わたしたちは何をしてきたのか。

これから何を伝えていくべきなのかを考えてみよう。

 

ちらしはこちらから→  いのちのかたち(Web用ちらし).pdf

 

日時:  2014年3月11日(火)午後5時30分~午後7時30分(予定)             

 

会場:  青山学院女子短期大学、教室L301

 

対象:  一般(中学生以上)

 

参加費: 500円              定員 : 150名 

                   ※事前申込みが必要です(申込方法下記参照)

 

 

第一部     基調講演「3・11後の福島の子供たちの現在」(仮題)

 講師 山田真さん(医師、「子供たちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表)

 

第二部     シンポジウム「いのちのかたち、生き方のかたち after 3.11」

 パネリスト: 山田真さん、広川隆一さん(ジャーナリスト)、アーサー・ビナードさん(詩人)、森絵都さん(作家)

 進行役:  さくまゆみこさん(翻訳家)

 

(出演者は1月21日現在の予定です。都合により変更になる可能性がありますのであらかじめご了承ください)

 

主催: 一般社団法人 日本ペンクラブ     

共催: 青山学院女子短期大学

後援: 日本国際児童図書評議会、出版文化産業振興財団

 

 

お申込み方法 (折り返し入場整理券をお送りします。締め切りは3月3日必着)

 

1.往復はがきの場合、「往信用裏面」に

住所、氏名(ふりがな)、電話番号

参加人数(1枚のはがきで2名まで。2名の場合はそれぞれの氏名を必ず明記してください。)、

「返信用表面」に、郵便番号・住所・氏名を、ご記入の上、下記へお送りください。

宛先:〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3 日本ペンクラブ「子どもの本」係

2.e-mailの場合、件名に「いのちのかたち」申し込みと記載し、

住所・氏名(ふりがな)、電話番号

参加人数(1メールで2名まで。2名の場合はそれぞれの氏名を必ず明記してください。)

送信先: secretariat03@japanpen.or.jp

 

 

お問い合わせ先: 日本ペンクラブ事務局 電話03-5614-5391

 

 3.11......あれから3年がたちました。復興は遅々としてすすまず、事故を起こした原発は汚染を繰り返し、廃炉のめどは立たず、大地と海、人間や生き物への放射能汚染の実態はなかなか報道されません。いろんなことが不透明なままに、特定秘密保護法案が成立し、交付されました。脱原発は、すでに国民の大半の意思であるのに、実際にそれをすすめる道筋は遠い現状です。

 チェルノブイリではたくさんの子どもたちの放射線被害が報告されてきました。いま、この日本ではどうなのか。食物の汚染はどうなっているのでしょうか。さまざまな現実を覆い隠して、とりあえずはオリンピックが予定されています。

 この3年間、わたしたちは何をしてきたでしょうか?あの時感じたこと、思ったこと、そして「考えなければいけないこと」を、今でも思い続け、考え続けているでしょうか?

 いま、放射能の影響をもっとも強く受け、運命を左右されているのは<福島の>子どもたちです。

 子どもたちを守るために、「子どもの本」に関わる私たちにできることは何か。いま、そしてこれから「子どもの本」を通じて、子どもたちに何を伝えるべきなのか。「子どもの本」を通じて、より良い未来を造る方法はないのだろうか?

 日本ペンクラブ「子どもの本委員会」は、いま一度3.11に立ち返り、あの震災が世界へ投げかけた問題、そしてわたしたちに及ぼした影響を見つめ直す試みを行います。

 3.11以後、福島の子どもたちの状況がどうなっているか、何が起きているかを、山田真さんに聞き、たしかな発言を行ってきた森絵都、アーサー・ビナードとともに、これらのことをじっくりと語り合ってもらいます。「福島の子どもたちの今」から、「すべての子どもの本の未来」について考える集まりです。ぜひ、ご参加ください。

 

<出演者プロフィール>

山田真

1941年岐阜県生まれ。東京大学医学部卒。八王子中央診療所所長。3・11以降、福島をはじめ都内などで子どもの健康相談にあたるほか、「子ども被災者支援法」のもとでの救済・保障に向けた働きかけを行っている。

 

○アーサー・ビナード

1967年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。2001年に詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、2005年に『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、2007年に『ここが家だ-ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、2013年に『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。『ダンデライオン』(ドン・フリーマン著/福音館)など翻訳絵本の作品も多数。

 

○森絵都

作家。第46回産経児童出版文化賞を受賞した『カラフル』と、第52回小学館児童出版文化賞を受賞した『DIVE!!』は映画化もされ、話題になった。2006年、『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。福島原発周辺に取り残されたペットの救出活動に同行し、『おいで、一緒に行こう』を2012年に出版。日本ペンクラブ理事、「子どもの本」委員長。

 

○さくまゆみこ

編集者を経て翻訳家になる。青山学院女子短期大学教授。子どもの本を架け橋にしてアフリカと日本を結ぶ「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表。著書に『エンザロ村のかまど』(福音館書店)など。訳書に『シャーロットのおくりもの』(ホワイト/あすなろ書房)、『リンの谷のローワン』シリーズ(エミリー・ロッダ/あすなろ書房)、『宇宙への秘密の鍵』(ホーキング/岩崎書店)、『クロニクル千古の闇』シリーズ(ペイヴァー/評論社)など多数。

 

 

"東日本大震災・福島原発"の一覧へ