ちらしはこちらから→予告ちらし20160203 (002).pdf

 特定秘密保護法の施行に始まり、 武器輸出解禁、 解釈改憲による集団的自衛権の容認とそれにともなう安保関連法の強行採決などから、 戦争をしない国から戦争ができる国へと舵を切り、 戦前回帰が危惧されているこの頃です。 2020 年の東京オリンピックに向けてテロ対策を口実にしたテロ防止法や、 災害時の対応を名目に緊急事態法の制定を目指すなど、 国家的利益の優先にともない言論表現の自由も危うくなりかねません。
 国を挙げて戦争に向かってまい進した昭和 10 年代を振り返り、 戦時下の言論統制とそれにともない子どもの本がどのように変わっていったかを、 具体的な作品や雑誌の記事などを映像で紹介しながら解説します。

日時: 2017年2月3日(金) 開場:17時半 開演:18時(20時終了予定)
場所:童心社 紙芝居ホール / 文京区千石 4-6-6  Tel: 03-5976-4181
参加費: 1,000 円
講師:野上 暁

主催
「フォーラム ・ 子どもたちの未来のために」 実行委員会
絵本学会、 絵本作家 ・ 画家の会、 童話著作者の会
日本国際児童図書評議会、 日本児童図書出版協会
日本児童文学者協会、 日本ペンクラブ 「子どもの本」 委員会
http://www.f-kodomotachinomirai.com/

申込みは上記各団体、 もしくは以下問い合わせ先へ
日本児童図書出版協会/ Mail:kodomo@kodomo.gr.jp
Tel:03-3267-3791 Fax:03-3267-5389


講師 野上 暁(のがみ・あきら)
1943 年生まれ。 評論家。 日本ペンクラブ常務理事。 JBBY 理事。白百合女子大学児童文化学科、 東京成徳大学子ども学部非常勤講師などを歴任。東京純心大学こども文化学科客員教授。主著に『おもちゃと遊び』(現代書館)『日本児童文学の現代へ』(パロル舎)『子ども学 その源流へ』(大月書店)『越境する児童文学』(長崎出版)『子ども文化の現代史』(大月書店)『絵本 子どもたちの日本史④戦争と子どものくらし』(絵 ・ 石井勉 大月書店)。 編 ・ 共著 『子どもの本ハンドブック』(三省堂)『いま子どもに読ませたい本』(七つ森書館)『明日の平和をさがす本』(岩崎書店)。 創作に、 うえのあきお名による 『ぼくらのジャングルクルーズ』(理論社)、 絵本に 『あいうえおばけのおまつりだ』(絵 ・ 美濃瓢吾 長崎出版)など。

"イベント・最新刊行物のお知らせ"の一覧へ