戦争という言菜が現実の響きを持ってしまったいま、文学と文学者は何をすべきか。
 一線の作家たちが多摩で語り合う集いにぜひご参加下さい。

ちらしはこちらから→チラシ.pdf

日時 2017年3月4日(土)

開場 18:20 開演 18:50(終演21:00予定)
会場 パルテノン多摩 小ホール
(http://www.parthenon.or.jp/access/index.html)

京王線・小田急線・多磨モノレール多摩センター駅下車徒歩5分
京王線中央改札口 小田急線改札西口より左へパルテノン大通り(遊歩道)つきあたり

◆参加費: 1,000円(事前申込制) ◆ 定員:300名 ※先着順・定員になり次第締め切ります。 

くプログラム> 

◆ オープニング 合唱:多麻ファミリーシンガーズピアノ演奏:森ミドリ 

挨拶:阿部裕行多摩市長 

司会:森ミドリ 

◆ 基調講演 浅田次郎 

◆ パネルディスカッション 浅田次郎、志茂田景樹、ドリアン助川、高橋千劔破 

くお申し込み方法> 往復はがき• E-mailで下記内容を記載してお申込みください。 

 ①「第33回『平和の日』の集い」参加希望②住所③氏名④同行者人数(本人含む4名まで)⑤ 電話番号 

【お申込み先】

往復はがき:〒103-0026東京都中央区日本橋兜町20-3日本ペンクラブ内

 E- maiI : secretariat01@japanpen.or.jp

 ※当日は、入場整理券または返信メールをお持ちください。 ※先着順300名様で締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

【お問合せ】日本ペンクラブ事務局担当:高田 電話: 03-5614-5391

浅田次郎(あさだじろう) 基調講演/パネルディスカッション
作家。日本ペンクラブ会長。1951年東京生まれ、「鉄道員」で直木賞受賞等、数々の文学賞受賞。歴史・時代小説はじめ多彩な作品を発表している。

志茂田景樹(しもだかげき) パネルディスカッション
作家。よい子に読み聞かせ隊隊長。1940年静岡県生まれ。「黄色い牙」で第83回直木賞を受賞。99年「よい子に読み聞かせ隊」を結成、全国各地で読み聞かせ活動を行っている。

ドリアン助川(すけがわ)パネルディスカッション
作家・朗読家。1962年東京生まれ。バンド「叫ぶ詩人の会」、ラジオのパーソナリティとして活躍。ニューヨーク滞在中に9.11のテロを現場で体験。ハンセン病を背景にした小説『あん』は映画化され、カンヌ国際映画祭で上映。

高橋千劔破(たかはしちはや)パネルディスカッション
作家。日本ペンクラブ常務理事。1943年生まれ。『江戸の旅人」『花鳥風月の日本史Jなど著書多数。

森ミドリ 司会/ピアノ
音楽家・エッセイスト。愛知県生まれ。日本ペンクラブ理事。著書に「花のエチュード」「唐櫃のピアノ」など。作曲や演奏のほか、朗読をしながら演奏をする「文学コンサート」も展開中。

"イベント・最新刊行物のお知らせ"の一覧へ