ちらしはこちらから→松本フォーラムちらし.pdf
 日本ペンクラブでは、あの3 月11 日を忘れないように2012 年から毎年、同じテーマでフォーラムを開催してまいりました。
 子どもたちを取り巻く環境は大きく変わろうとしているこの時代に、戦争、原発、命といった問題について、大人たちはどう考え、何を伝えるべきなのか、子どもたちの未来、子どもの本の未来について討議します。
 そしてまた、様々な情報が飛び交う中で、子どもにどんな本を与えるべきかと悩んでいるお母さんの声や、何を読んだらいいかわからないという若い人たちの声にも応えながら、参加者とも意見を交換したいと考えています。多くの皆様にご参加いただけますことを願っております。
 
日時:2017 年3 月11 日(土)
  (13:30 開場)14:00 ~ 16:00(予定)
 
会場:信濃むつみ高等学校1F ホール
   (〒390-0832 長野県松本市南松本1-13-26 ℡ 0263-27-3700)
 
参加費:大人1000円、学生(大学生・高校生)500円、中学生以下無料
 
定員:200人(応募多数の場合はサブ会場でモニター視聴)
    ※参加には事前のお申し込みが必要です(ちらしをご参照ください)
 
【プログラム】
第1部 対談 ポスト3・11、未来をどう描く?
――暮らすこと、生きること----
浅田次郎(作家)×滝沢眞規子(雑誌「VERY」専属モデル・2016 年ベストマザー賞)
 
第2部 鼎談 本はどんな力になれるのか? 
――いま、この国の希望を探る――
あさのあつこ(作家)× 竹内忍(信濃むつみ高等学校教頭)× 山田健太(専修大学教授)
 
主催:一般社団法人 日本ペンクラブ
共催:信州自遊塾、学校法人外語学園 信濃むつみ高等学校
後援:信濃毎日新聞社、市民タイムス、
     出版文化産業振興財団、日本国際児童図書評議会、
     松本市教育委員会、松本平タウン情報
 
このフォーラムは、国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けて開催されます。

"イベント・最新刊行物のお知らせ"の一覧へ