日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」、7月22日に開催しました。

戦争と文学・沖縄.jpg

(左より)梓澤和幸、浅田次郎、大城貞俊、川村湊の各氏

 2017年7月22日(土)、午後2時より、東京・神保町の東京堂ホールにて、日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」が開催されました。当日は暑い昼下がりとなりましたが、会場定員80名はすでに事前申込をされていた方で満席となり、4時半まで、熱心に講師の話しに聞き入りました。
 日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学」も4回目を迎え、今回は作家・大城貞俊さん(「沖縄文学への招待」琉大ブックレット)を沖縄からお迎えし、「帰郷」(大佛次郎賞)ほか、反戦文学作品とベストセラーで知られる浅田次郎さん、沖縄文学選(講談社)をまとめた川村湊さんが「沖縄と文学」を語り合いました。
 講師・プログラムの紹介は西村秀樹平和委員会副委員長が行い、引き続き「いま沖縄と文学を考える」と題して基調講演を前日本ペンクラブ会長浅田次郎氏が行いました。
 浅田氏は「文学は、世の中が豊かになれば衰弱する」が「沖縄は例外である」とし「解決されない苦悩を背負った小説が輩出されている」と指摘しました。
 続いて大城氏が沖縄の文学者は「倫理的にならざるを得ない」とし、過去の悲惨な沖縄戦の体験を継承するために文学者が模索し結果であるとしました。
 大城氏は沖縄文学の特徴として、沖縄戦の継承、基地問題、倫理的、沖縄アイデンティティの模索、表現言語としてのしまくとぅばーの5点をあげました。
 文芸評論家の川村湊氏は、自己の文学研究を振り返り、北海道のアイヌ、朝鮮植民地下の日本語で書かれた文学の存在、そして沖縄の文学、それぞれに文学の距離が異なり、沖縄では沖縄戦という住民を巻き込んだ地上戦により、文学は本土と大きく異なったものであり、また死者や霊が頻繁に登場すると述べました。
 第二部は梓澤和幸平和委員長がコーディネーターとなり、会場の参加者の質問も踏まえて、浅田氏、大城氏、川村氏が発言をしました。
 最期に高橋千劔破日本ペンクラブ副会長が、「平和について」様々な取組を日本ペンクラブが行ってきたことを紹介しました。
 梓澤日本ペンクラブ平和委員長から来年5月20日に沖縄で大規模な文学シンポジウムを計画していることが紹介されると会場からは大きな期待の拍手が寄せられました。
 なおシンポジウムの詳細報告は後日、ホームページでも紹介していきます。(事務局)

日本ペンクラブ声明「劉暁波氏への人道的対応を求める」

 劉暁波氏の病状悪化が伝えられる。
 劉氏は独立中国語ペンセンター副会長として中国の人権状況の改善に努め、ノーベル平和賞も受賞したが、二〇〇八年以降、中国政府によって身柄を拘束されてきた。報道によれば、最近、同氏は肝臓がん悪化のために刑務所から移送され、病院に隔離、加療中だという。
 この間、日本ペンクラブはくり返し中国政府に対し、劉暁波氏の釈放と中国における人権状況の改善を求めてきたところである。
 劉氏の親族は「日本には肝臓がん治療の非常にいい専門家がいる」として、日本を含む海外での治療を望んでいるという。
 私たちは中国政府に対し、同氏とその夫人の希望に添った医療行為が受けられるよう、海外渡航を含む行動の自由が十全に保障されることを強く求めるとともに、日本政府に対しても、人道的見地に立ち、中国政府に働きかけを行うよう要請する。

2017年6月29日
  一般社団法人日本ペンクラブ 会長 吉岡忍

吉岡忍第17代会長からのメッセージ 「自由――破局を免れる唯一の道」

 国際P.E.N.の創設にも、日本ペンクラブの創立にも、戦争が深く関わっています。敵への憎しみをあおり、侮蔑し、自分たちの正しさだけを言い募り、内なる異論を排除する風潮は、勝っても負けても、社会と文化を痩せ細らせる。多大な犠牲を払い、苦い経験を経て、先人たちはそう気づき、そこから平和への希求と言論表現の自由とは一体のものである、という教訓を引き出したのでした。
 吉岡会長.jpg国際P.E.N.も、その支部としての日本ペンクラブも、もともとは文学者の活動でした。しかし、マスメディアの発達、創作活動の多様化、国境を越えて広がる情報テクノロジーの進展によって表現の場は飛躍的に拡大し、言論表現の自由は市民社会全体に関わる最重要課題になってきました。
 他方で、今日の世界には、グローバルなヒト・モノ・カネの移動がもたらしたさまざまな荒廃があり、戦争とテロの応酬もあります。これらが呼び起こす人々の不安は、自由よりも安全安心を求める趨勢となって、市民社会の姿を一変させないともかぎりません。
 それでもなお、いや、それだからこそなお、私たちは一人ひとりが自由に考え、自由にものが言え、自由に創作できる社会の実現をめざしたい。それこそが何よりの安全安心であり、ほんとうの豊かさであり、また破局を免れる唯一の道だと信じるからであります。

日本ペンクラブ声明「共謀罪強行採決に抗議する」(6月15日)

 国内外の専門家、表現者、市民から、多くの意見が表明されるなか、国会において十分な審議が尽くされないばかりか、多くの疑問をのこしたまま、思想・表現の自由に重大な悪影響を及ぼすいわゆる「共謀罪」が強行的に採決されたことを深く憂えるとともに、強い怒りを禁じえない。
 今回の衆参両院における法案審議と採決にいたる過程は、民主主義のルールを無視し国民を愚弄したものであり、将来に大きな禍根をのこす暴挙である。
 われわれは法案審議のやり直しを強く求める。

2017年6月15日
日本ペンクラブ会長 浅田次郎

作家のドリアン助川氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年6月12日)

 作家・ドリアン助川氏は2017年6月12日、共謀罪に反対を表明しました。(仕事場にて収録)
 You Tubeで配信しています。

小説家の平野啓一郎氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年5月30日)

小説家・平野啓一郎氏は2017年5月30日、共謀罪に反対を表明しました。(自宅にて収録)

日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」7月22日開催・満席のため事前申込締切ました。

 満席のため事前申込締切ました。

 青く澄み渡った空と透明な海、亜熱帯の風。太平洋戦争末期の悲惨な地上戦とそこから続くアメリカ統治の歴史と基地の現実。

 沖縄の光と影は濃密な人と人との交わりを生み、独特の文学が生まれました。
作家・大城貞俊さん(「沖縄文学への招待」琉大ブックレット)を沖縄からお迎えし、
 「帰郷」(大佛次郎賞)ほか、反戦文学作品とベストセラーで知られる浅田次郎さん、沖縄文学選(講談社)をまとめた川村湊さんが「沖縄と文学」を語り合います。
 ペンクラブ 戦争と文学 第4弾
 夏。すずらん通りでお会いしましょう。

主 催/一般社団法人日本ペンクラブ
日 時/ 2017 年7 月22 日(土)午後2 時~午後4 時30 分(開場 午後1 時)
開場後、出演者のサイン本販売会を行いますので、お早めにお越しください
会 場/東京堂書店 東京堂ホール(千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階)
地下鉄神保町駅下車・A7 出口から徒歩3分
参加費/1,000 円 (当日受付払い)
定 員/80 名  事前申込は締切ました。
<プログラム>
基調講演 「いま沖縄と文学を考える」浅田次郎(日本ペンクラブ会長)
お話 詩人・作家 大城貞俊(前琉球大学教授)
お話 文芸評論家 川村湊 (前法政大学教授)
質疑と討論
コーデイネーター 梓澤和幸(ペンクラブ平和委員会委員長)


お問合わせ先:日本ペンクラブ事務局 井出宛 (tel:03-5614-5391)

国際ペン会長声明「共謀罪は日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」

Jennifer-Clement-150x150.jpg
 国際ペンは、いわゆる「共謀罪」という法律を制定しようという日本政府の意図を厳しい目で注視している。 同法が成立すれば、日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるであろう。私たちは、日本国民の基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国会に対し強く求める。

2017年6月5日
国際ペン会長 ジェニファー・クレメント

(原文)
Statement "The "Conspiracy Law will harm freedom of expression and the right to privacy in Japan"

It is with alarm that we observe the Japanese government's intent to establish a law named the "Conspiracy Law", which if adopted will harm freedom of expression and the right to privacy in Japan. We strongly urge the parliament to vote against this legislation, which could deeply harm the basic freedoms of the Japanese people.

June 5th, 2017
Jennifer Clement, President PEN International


国際ペン:国際ペンは1921年に設立され、95年以上の歴史を持つ、26000名以上の作家・ジャーナリストなどの表現者が参加する国際組織である。ロンドンに本部を置き、100以上の国家・地域に149のセンターがあり、日本ペンクラブもセンターの一つである。
ジェニファー・クレメント国際ペン会長はメキシコ出身の作家・ジャーナリスト、メキシコペン会長を経て、国際ペン初の女性会長として、2015年カナダ・ケベック大会代表者会議(総会)で選出され、第23代国際ペン会長に就任した。


日加女性作家フォーラム「今、女性作家が思うこと」(6月20日開催。申込要)

 日本ペンクラブはカナダ大使館との共催で 「日加女性作家フォーラム」の第二弾として以下のイベントを実施します。

 2016年に「Do Not Say We Have Nothing」 でカナダで権威ある文学賞であるカナダ総督文学賞とギラー賞を合わせて受賞し、イギリスのブッカー賞の最終候補リストに残るなど、今世界的に活躍されているバンクーバー出身のカナダ人女性作家マドリン・ティエンさんをゲストにお迎えしお話しをおうかがいします。日本ペンクラブ女性作家委員会からは茅野裕城子 (作家、日本ペンクラブ女性作家委員会)、野中柊(作家、日本ペンクラブ会員)が参加し、日本とカナダの女性作家による対談を通して、今、女性作家が思うこと、今後の展開について話し合います。

ゲスト・スピーカー:
マドリン・ティエン (作家)
茅野裕城子 (作家、日本ペンクラブ女性作家委員長)
野中柊 (作家、日本ペンクラブ会員)

日時:2017年6月20日(火)、18:30~20:00 (開場:18:00)
場所: カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター (地下2階)
言語: 英語/日本語
費用: 無料、登録制
主催: カナダ大使館、日本ペンクラブ
共催: 日本カナダ文学会

申込(直接カナダ大使館にお申込みください):
E メール(宛先:tokyo.cc@international.gc.ca)に、下記の事項1~4を明記してお申し込み下さい。登録受付は定員となり次第締め切らせていただきます。
お名前 (日本語・ローマ字)
職業または会社・機関・学校名
E メールアドレス
ご同行者がいらっしゃる場合は、その方のお名前

お問い合わせ:
カナダ大使館広報部
Fax:03-5412-6249
E-mail: tokyo.cc@international.gc.ca

4月7日 日本ペンクラブイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」 発言をYou Tubeで配信中

 4月7日に開催された日本ペンクラブ主催イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」(文京シビックセンター小ホール)での発言から。

名前をクリックするとYou Tubeのファイルに移動します。

発言者(敬称略)

浅田次郎(日本ペンクラブ会長・作家)

雨宮処凛(作家)

内田麟太郎(絵本作家・日本児童文学者協会理事長)

江成常夫(写真家)

金平茂紀(テレビキャスター)

香山リカ(精神科医、作家)

ちばてつや(漫画家)

長谷部恭男(憲法学者・立憲デモクラシーの会)

森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)

ビッグ錠(漫画家)

森達也(作家・映画監督)

田近正樹(日本雑誌協会人権・言論特別委員会、日本書籍出版協会出版の自由と責任に関する委員会)

山口勝廣(写真家・日本写真家協会専務理事)、

中島京子(作家)

山田健太(日本ペンクラブ言論表現委員長、専修大学教授)

ページトップへ