日本ペンクラブと国際ペン

日本ペンクラブは、国際ペンの日本センターです。

 日本ペンクラブは、1935年11月26日に創立されました。初代会長をつとめたのは島崎藤村です。当時の日本は、満州事変後に国際連盟も脱退して国際的に孤立に向かう状況に置かれていました。それを憂える動きが、リベラルな文学者、在外の反ナチス、反ファッショの外交官の間にありました。そして、1935年3月ごろ、ロンドンの国際ペンから日本にペンクラブの設立を求める要請があり、駐英大使館の宮崎勝太郎一等書記官が外務省ルートで日本に伝えてきたのが、創立に結びつきました。
 要請を受けた外務省文化事業部の詩人でもあった柳沢健課長が、第一線の作家・詩人・外国文学者・評論家の有志とはかり、島崎藤村、徳田秋声、正宗白烏らの賛同を得て、創立にこぎつけました。もともと国際ペンは、第1次世界大戦後間もなく、イギリスの女流作家C.A.ドーソン=スコットの提唱により、戦争の悲惨を繰り返すまいと願い、作家・文筆家の表現の自由を確立して、国境を超えた相互理解と連帯をはかろうという趣旨のもとに、1921年10月にロンドンで誕生したのがはじまりです。国際ペンの初代会長にJ.ゴールズワージが就任し、フランス、アメリカなど11ケ国にペンセンターが次々に設立され、国際ペンの各センターとして活動を始めました。1923年には第1回の国際ペン大会がロンドンで開かれました。
 日本ペンクラブも、創立と同時にロンドンの国際ペンの日本センターとしての役割を担いました。当時の国情を考慮して、「ペンクラブの本部はロンドンにあるが、日本ペンクラブは独立してできたもので、外国のペンクラブと友誼関係にある」と入会案内に付記されたりしましたが、原則はあくまでも国際ペン本部の日本のセンターでした。
 1935年の創立総会には、国際ペンの第2代会長H.G.ウェルズから祝辞が寄せられ、島崎日本ペンクラブ初代会長は、国際ペンの仲間入りをすることによって、日本の文学が海外へ浸透する機運の到来を期待する、と挨拶しました。翌36年9月アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれた第14回国際ペン大会には、島崎会長と有島生馬副会長が正式代表として参加しました。
 その後、日中戦争、太平洋戦争下に国際交流も途絶え、言論弾圧のひとしお厳しくなった時代にも、日本ペンクラブは中島健蔵常務理事や事務局の人々の努力で存続し、ロンドンのセンターと連絡をとって、唯一、世界への窓口であることを守り抜いたのでした。

国際ペンへのリンク

ページトップへ