日本ペンクラブは「共謀罪」に反対します

共謀罪によってあなたの生活は監視され、
共謀罪によってあなたがテロリストに仕立てられる。
私たちは共謀罪の新設に反対します。

日本ペンクラブ声明「共謀罪強行採決に抗議する」(2017年6月15日)

◎作家のドリアン助川氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年6月12日)

 YouTubeで配信しています。

◎小説家の平野啓一郎氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年5月30日)

 YouTubeで配信しています。

◎ 国際ペン会長声明「共謀罪は日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」(2017年6月5日)

日本ペンクラブ声明「共謀罪に反対する」(2017年4月10日)

イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」4月7日に開催。各界代表が訴え。

4月7日 日本ペンクラブイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」 発言をYou Tubeで配信中

発言者:浅田次郎(日本ペンクラブ会長・作家)雨宮処凛(作家)内田麟太郎(絵本作家・日本児童文学者協会理事長)江成常夫(写真家)金平茂紀(テレビキャスター)香山リカ(精神科医、作家)ちばてつや(漫画家)長谷部恭男(憲法学者・立憲デモクラシーの会)森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)ビッグ錠(漫画家)森達也(作家・映画監督)田近正樹(日本雑誌協会人権・言論特別委員会、日本書籍出版協会出版の自由と責任に関する委員会)山口勝廣(写真家・日本写真家協会専務理事)中島京子(作家)山田健太(日本ペンクラブ言論表現委員長、専修大学教授)

過去の日本ペンクラブ声明
「共謀罪新設法案に反対し、与党による強行採決の自制を求める」(2006年5月15日)
「共謀罪新設に反対し、廃案を求める声明」(2005年10月17日)

国際ペン会長声明「共謀罪は日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」

Jennifer-Clement-150x150.jpg
 国際ペンは、いわゆる「共謀罪」という法律を制定しようという日本政府の意図を厳しい目で注視している。 同法が成立すれば、日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるであろう。私たちは、日本国民の基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国会に対し強く求める。

2017年6月5日
国際ペン会長 ジェニファー・クレメント

(原文)
Statement "The "Conspiracy Law will harm freedom of expression and the right to privacy in Japan"

It is with alarm that we observe the Japanese government's intent to establish a law named the "Conspiracy Law", which if adopted will harm freedom of expression and the right to privacy in Japan. We strongly urge the parliament to vote against this legislation, which could deeply harm the basic freedoms of the Japanese people.

June 5th, 2017
Jennifer Clement, President PEN International


国際ペン:国際ペンは1921年に設立され、95年以上の歴史を持つ、26000名以上の作家・ジャーナリストなどの表現者が参加する国際組織である。ロンドンに本部を置き、100以上の国家・地域に149のセンターがあり、日本ペンクラブもセンターの一つである。
ジェニファー・クレメント国際ペン会長はメキシコ出身の作家・ジャーナリスト、メキシコペン会長を経て、国際ペン初の女性会長として、2015年カナダ・ケベック大会代表者会議(総会)で選出され、第23代国際ペン会長に就任した。


小説家の平野啓一郎氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年5月30日)

小説家・平野啓一郎氏は2017年5月30日、共謀罪に反対を表明しました。(自宅にて収録)

作家のドリアン助川氏が共謀罪に反対を表明しました。(2017年6月12日)

 作家・ドリアン助川氏は2017年6月12日、共謀罪に反対を表明しました。(仕事場にて収録)
 You Tubeで配信しています。

日本ペンクラブ声明「共謀罪強行採決に抗議する」(6月15日)

 国内外の専門家、表現者、市民から、多くの意見が表明されるなか、国会において十分な審議が尽くされないばかりか、多くの疑問をのこしたまま、思想・表現の自由に重大な悪影響を及ぼすいわゆる「共謀罪」が強行的に採決されたことを深く憂えるとともに、強い怒りを禁じえない。
 今回の衆参両院における法案審議と採決にいたる過程は、民主主義のルールを無視し国民を愚弄したものであり、将来に大きな禍根をのこす暴挙である。
 われわれは法案審議のやり直しを強く求める。

2017年6月15日
日本ペンクラブ会長 浅田次郎

ページトップへ