「脱原発を考えるペンクラブの集い」を開催 2011年11月16日 日本プレスセンターホール

日本ペンクラブは20111116日夜、東京の日本プレスセンターホールで、「反原発を考えるペンクラブの集い」を開催しました。

 

   脱原発の集い.gif

日本ペンクラブは、これまで核兵器廃絶を訴え、あらゆる核実験に反対し続けてきました。今回の集いは、福島原発事故は核実験、核兵器の使用に匹敵し、これを見過ごすことはできないという思いから、日本ペンクラブの環境委員会・平和委員会が企画の中心となり開催されました。

 

当日は、事前申込でほぼ満席であったが、当日駆けつけた方も含め会場は300名余の日本ペンクラブ会員ならびに一般参加者で満員となりました。

多数のメディアの取材も行なわれました。

会場開会まで広河隆一氏提供の「チェルノブイリの真実」が上映されました。

 

集いは高橋千劔破常務理事の司会で、登壇者10名が発言しました。

浅田次郎会長をはじめ発言者が次々と、脱原発への思いを作家、文学者の立場から発言しました。

 

発言者(敬称略):浅田 次郎(日本ペンクラブ会長、作家)、梓澤和幸(日本ペンクラブ平和委員会副委員長、弁護士、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク<SAFLAN>共同代表)、落合恵子(日本ペンクラブ理事、平和委員会委員、作家、クレヨンハウス代表)、金丸弘美(環境委員会副委員長、食環境ジャーナリスト)、見城美枝子(平和委員会委員、エッセイスト、青森大学教授、NPO法人ふるさと回帰支援センター理事長)、中村敦夫(日本ペンクラブ理事、環境委員会委員長、作家、俳優)、野上ふさ子(環境委員会幹事、NPO地球生物会議ALIVE代表)、広河隆一(平和委員会委員、フォトジャーナリスト)、吉岡忍(日本ペンクラブ専務理事、作家)、司会;高橋千劔破(日本ペンクラブ常務理事、平和委員会委員長、作家、文芸評論家)

 

引き続き会場からの発言を求め、日本ペンクラブ会員、一般参加者より様々な意見や思いが表明されました。

 

集会には国際ペン会長ジョン・ラルストン・サウル氏からもメッセージが寄せられました。

 

会場参加者には発言者のメッセージをまとめた冊子が配られました。

 

なお日本ペンクラブ会員の作家も参加し、「いまこそ私は原発に反対します」が2012年3月に平凡社より刊行される予定です。

 

2011年第9回訪中団 10月24日~10月30日 北京・大連・上海を訪問

17回日中ペン文化交流事業

 

2011年第9回訪中団

 

団長 下重暁子 日本ペンクラブ副会長

 

団員 

吉岡忍  日本ペンクラブ専務理事

野上暁  日本ペンクラブ常務理事・「子どもの本」委員会委員長

森絵都  日本ペンクラブ理事・「子どもの本」委員会副委員長

鈴木康之 日本ペンクラブ広報委員会副委員長

 

テーマ「災害と文学」

 

北京10月25日北京作家協会との懇談会.gif(北京)

 今年度訪中団の、下重暁子団長以下、吉岡忍、森絵都、鈴木康之、野上暁の5人は、10月24日の12時半、ほぼ予定通りに北京空港に到着した。空港には日本ペンではおなじみの日本語が堪能な、中国作家協会対外連絡部所長の李錦琦氏が出迎えてくれた。

 

詳細を見る

日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナー 「電子書籍時代の作家と図書館」

日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナー「電子書籍時代の作家と図書館」 

 

関西シンポジウム.gif今年4回目を迎える日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナーは93日(土)、台風12号通過による大雨・暴風・洪水警報発令にもかかわらず、大阪市中央区の追手門学院・大阪城スクエアにおいて開催を強行しました。浅田次郎会長とゲストとしてお招きしたパネリストの花田一郎氏(大日本印刷)にはご無理願って前泊をお願いしていたこともあり、当日警報が発令された場合でも熱心な参加者と準備にかかわった関係者だけでも聞きたいと開催強行を決めたのでした。


 ところが実際にはセミナーの開始前は大雨どころか曇り空といった状況で、JRや私鉄各社も大阪近辺はダイヤ通りの運行、会の途中から雨が降り出したものの開催にはまったく支障がない状況でした。事前の有料申込者数は250名でしたが、台風の影響で当日は有料申込者数150名と関係者合わせて175名となりました。それでも会場はほぼ満員状態で、これで4回目のセミナーですが、台風にもかかわらず過去最高の入場者数でした。


 なお当日の進行は以下の通りでした。


1400分 開会挨拶 山岡祐子・日本ペンクラブ言論表現委員会委員
1410分 講演「電子書籍時代の作家と図書館」浅田次郎・日本ペンクラブ会長
1530分 トークセッション
パネリスト:
浅田次郎氏
落合正行氏(追手門学院大学学長)
花田一郎氏(大日本印刷 教育・出版流通ソリューション本部デジタル推進部)
中西秀彦氏(日本ペンクラブ言論表現委員会委員)
司会:
湯浅俊彦(日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長)
1650分 閉会挨拶 松本直樹氏(追手門学院大学副学長)
1700分 閉会

 

詳細を見る

第17回東京国際ブックフェア──国際ペン東京大会2010予告シンポジウム(終了しました)

日時 2010年7月11日(日)14:40~16:40 【聴講無料:事前申込要】
会場 東京ビッグサイト 会議棟
主催 日本ペンクラブ

本年9月に開催される国際ペン東京大会の魅力を語るシンポジウム。
日本ペンクラブ主催により阿刀田高をはじめ、そうそうたる著名人・有力作家が「環境と文学」をテーマにシンポジウムを開催します。

「環境と文学 - いま、何を書くか」

日本ペンクラブ会長  阿刀田 高(小説家)
[司会]
吉岡 忍(作家)
[パネリスト]
中村敦夫(俳優/作家/脚本家)
佐藤アヤ子(明治学院大学教授/翻訳家/日本カナダ文学会会長)
西木正明(作家)

◎定員になり次第、締切となりますので、至急お申込みください!
http://www.bookfair.jp/penclub/
(※既にお申込み済の場合は、再度のお申込みは不要です。)

[注意]本セミナーの受講には展示会招待券が必要です。 以下で事前に展示招待券(無料。通常は1200円)を申し込むことができますので、シンポジウムお申込みと併せて、必ず手続きを行なってください。
http://www.bookfair.jp/inv/

本件に関する各種お問い合わせはこちらまで
 東京国際ブックフェア 専門セミナー事務局
 リード エグジビション ジャパン(株) 担当:山田
 TEL:03-3349-8507 FAX:03-3349-8523
 URL:http://www.bookfair.jp/seminar/

第26回 「平和の日」奈良の集い(終了しました)

日時 10年3月3日(水) 13時〜16時40分
会場 奈良県文化会館国際ホール(奈良市登大路町2-2)
入場 無料・申込制 1300名(申込先着順)
 申込方法=ハガキ・FAXで、以下内容を記載のうえ、  2月17日までに申込む。
   ①「平和の日」参加希望の旨②住所③氏名(代表者)
   ④年齢⑤参加人数(代表者含む)⑥電話番号
   ⑦FAX番号

 宛先および問合せ
 〒630-8113  奈良市法蓮町757 奈良県法蓮庁舎4F
 ㈳平城遷都1300年記念事業協会広域事業課内
  「平和の日の集い」担当係
  TEL 0742-26-0752 FAX 0742-23-2500

[リレートーク]
テーマ 平和の日に想う 平城遷都1300年祭
   ――祝祭・古都・歌謡・交流――
出演
    嵐山光三郎 vs 立松和平
    浅田次郎 vs 中西 進 
    俵 万智 vs 新井 満
    里中満智子 vs 阿刀田高

日本ペンクラブ女性作家委員会シンポジウム
「女性と政治」(終了しました)

~女性表現者が政治に参加するということ~

日時:2010年2月20日(土)
    午後6時開場、午後6時30分開演、午後8時30分終了(予定)
会場:東京ウイメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
参加費:100円  *申し込み不要、先着150名

 長く続いた自民党政治が終わりを告げ、政権交代が行われたいま、日本にどのような変化が訪れるのか期待と不安の両方を抱いている人は決して少なくありません。そこで私たちは政治家であり、弁護士であり、数多くの著作を持つ作家であり、日本ペンクラブの会員でもある福島みずほさんと、若者たちの抱える「生き辛さ」の原因である諸問題に真正面から取り組んでいる雨宮処凛さんのお話を聞く場を設けることにしました。
 女性であるために不自由を感じたこと、男女共同参画社会への取り組み、ドメスティック・バイオレンス、性表現、貧困、夫婦別姓など、様々な問題についてじっくり語っていただく予定です。是非お誘い合わせてご参加ください。

【プログラム】
1.開会挨拶      下重暁子(日本ペンクラブ副会長)
2.対談
  福島みずほ(社民党党首、参議院議員・消費者・食品安全・少子化・男女共同参画担当大臣)
  雨宮処凛 (作家、エッセイスト、週刊金曜日編集委員、反貧困ネットワーク副代表)

3.質疑応答
4.閉会挨拶    小谷真理(日本ペンクラブ女性作家委員長)


○交通のご案内
 JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
 都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

この件についてのお問い合わせは、日本ペンクラブ事務局まで
 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3 電話03-5614-5391

日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナー
「デジタル環境下における文学と図書館」報告

第1部 
 開会挨拶 鈴木多加史氏(学校法人追手門学院長・追手門学院大学長)

 講演 吉岡忍氏(作家、日本ペンクラブ常務理事)
   「文学にとって図書館とはなにか」
 講演 中井万知子氏(国立国会図書館 関西館長)
   「国立国会図書館の資料デジタル化はなにを変えるか―図書館・文学・書物」

第2部パネルディスカッション
「デジタル環境下における文学と図書館」
パネリスト:吉岡忍氏、中井万知子氏、 篠原健氏(追手門学院大学・経営学研究科長、総合情報教育センター長)、中西秀彦氏(中西印刷株式会社専務取締役、日本ペンクラブ言論表現委員、大谷大学 非常勤講師)
 司会:湯浅俊彦(夙川学院短期大学准教授、日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長)

閉会挨拶 山田健太氏(日本ペ ンクラブ言論表現委員会委員長)

詳細を見る

日本ペンクラブ「子どもの本」委員会発足記念シンポジウム
「混迷する世界に、"子どもの本"の可能性とは?」(終了しました)

絵本・児童文学・マンガ・ヤングアダルト
世界の将来が不透明な中で、子どもの本は次世代に向けて何をどう伝えていくのか? 
その可能性を問う!

○開催日時・会場・入場料
 開催日    2010年2月5日(金)
 時間    18時00分開場、18時30分開演、20時30分終了(予定)
 会場    東京ウイメンズプラザホール(150人収容・先着順)
 入場料    500円

○プログラム
 Ⅰ 開会のあいさつ及び「子どもの本」委員会設立について
    松本侑子(作家、日本ペンクラブ常務理事)
 Ⅱ 基調報告 「子どもの本の豊かな可能性――大人の本とどこが違うか?」(仮題)
    落合恵子(作家、日本ペンクラブ「子どもの本」委員)
 
 Ⅲ シンポジウム
  落合恵子、角野栄子、小林豊、さくまゆみこ、末吉暁子、那須正幹、
  那須田淳、ひこ・田中、森絵都、令丈ヒロ子(日本ペンクラブ「子どもの本」委員)
    進行役 野上暁(日本ペンクラブ「子どもの本」委員長)

 Ⅳ 閉会のあいさつ
    阿刀田高(作家、日本ペンクラブ会長)

○東京ウィメンズプラザのご案内
 JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
 都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

この件についてのお問い合わせは、日本ペンクラブ事務局まで
 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3 電話03-5614-5391 

日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナー
「デジタル環境下における文学と図書館」(終了しました)


 開会の挨拶 日本ペンクラブ言論表現委員会委員長 山田健太氏
 第1部 講演
  「文学にとって図書館とはなにか」(吉岡 忍氏・作家、日本ペンクラブ理事)
  「国立国会図書館資料のデジタル化はなにを変えるか−図書館・文学・書物」(中井 万知子氏・国立国会図書館関西館長)

 第2部 討論「デジタル環境下における文学と図書館」
  パネリスト:吉岡 忍氏、中井 万知子氏、
  篠原 健氏(追手門学院大学・経営学研究科長、総合情報教育センター長)
  中西秀彦氏(中西印刷専務取締役、日本ペンクラブ言論表現委員会委員、大谷大学非常勤講師)

 司会:湯浅俊彦氏(夙川学院短期大学准教授、日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長)
 閉会の挨拶 追手門学院長 鈴木多加史氏

主催:社団法人日本ペンクラブ 学校法人追手門学院
 日時:2010年1月24日(日)13:30開場、14:00開演 17:00終了
 会場:追手門学院大阪城スクエア(定員400名)

   〒540-0008大阪市中央区大手前1-3-20(追手門学院 大手前中・高等学校本館6階)
   TEL 06-6942-2788 FAX 06-6942-2744  
   アクセス:京阪電車「天満橋」駅下車 東出口14番より東へ徒歩7分。
   大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」駅下車 1号出口より東へ徒歩7分。
   http://www.otemon-osakajo.jp/outline/index.html

  参加費:500円(当日受付で徴収します)
  申し込み方法: FAX、またはホームページ。(詳細は裏面をご覧ください)

  問い合わせ先: 学校法人追手門学院大手前センター  TEL 06-6942-2788
  http://www.otemon-osakajo.jp/outline/index.html

(開催趣旨)
 グーグルによる書籍全文検索サービス「ブック検索」著作権訴訟和解案について当初は米国でのことだと誰もが考えていたのですが、この和解案が米国外で出版された書籍にも適用されることが明らかになったために、日本の著作権者や出版社にとってはまさに「黒船来航」のような事件となりました。
  一方、国立国会図書館では所蔵資料をデジタル化するとともに、電子出版物を納本制度に組み入れる新しい枠組み作りを検討しています。
  本セミナーではこのようなデジタル化とネットワーク化を特徴とする大きな時代の変化の中で、文学と図書館の関係について改めて整理し、文学作品の自由な流通と長期的保存をめざす今後の道すじについて文学者、図書館関係者、学校関係者はもとより、メディアに関心のある方や本が好きな多くの人々に呼びかけ、共に討論したいと考えています。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

日本出版学会/日本ペンクラブ 第3回合同シンポジウム報告
(ウェブストリーミングでも、ご覧いただけます)

「グーグル・ブック検索訴訟 新和解案をめぐって」
  〜何が変わったのか、今後の動向〜

>>ストリーミングはこちらから

 

2009年12月18日(金) 午後6時半~午後8時半
東京電機大学(神田キャンパス) 7号館 丹羽ホール

 

【パネリスト】
 城所 岩生(国際大学 米国弁護士)
 齋藤 康弘(米国弁護士 ペンクラブ異議申立担当弁護士)
 三田 誠広(作家 日本文藝家協会副理事長)
 山田 健太(専修大学 日本ペンクラブ言論表現委員会委員長)

 司会:植村 八潮(東京電機大学出版局 日本出版学会副会長)

詳細を見る

ページトップへ