国際ペンはホンジュラス、ニカラグア、メキシコ三カ国を巡り、現地のペン活動を支援した。メキシコでは221日、日本ペンクラブ堀武昭常務理事も国際ペン専務理事として参加し、南北アメリカ諸国ペン・サミットが開催され、アルゼンチン、ホンジュラス、グアテマラ、ニカラグア、ハイチ、メキシコ、グアダラハラ、サン・ミゲル・デ・アジェンデの各センターによる熱心な討論が行われた。汚職・暴力・犯罪者が処罰されないことに関する共同行動を採択した。(2015/3/17)

   詳しくは国際ペンホームページ(英語のみ)をご覧ください。

"国際ペンの動き"の一覧へ